FC2ブログ

本ねり頭と本頭の違い

頭師 小宮久雄が手掛ける今は貴重な手造りの頭。

木の粉を固めたものを土台にし、胡粉(貝殻)を14~15回、塗っては乾かしを繰り返し、乾いた顔を小刀で目や口を削り、眉やかきさげを筆で一本一本書いていきます。
まさに手造り!!

今やこの手法を守っているのは全国で1%にも満たない貴重なお顔です。

人形を作っている人はいっぱいいますが、頭を手造りしてる人はほとんどいません。
大量に生産出来ない価値がここにあります。是非比べてみてください。
一方、機械で抜いた顔は石膏頭です。
差は歴然。

頭師の小宮さんいわく、本当に大変で、喜んでいただける方がいる限り作り続けてくれるそうです。
人形が本当に微笑んでいるようです。